ひょうご経済プラスTOP 経済 地場産業の海外展開支援 1件年500万円を上限に 兵庫県

経済

地場産業の海外展開支援 1件年500万円を上限に 兵庫県

2020.02.26
  • 印刷
兵庫県庁=神戸市中央区下山手通5

兵庫県庁=神戸市中央区下山手通5

 兵庫県は2020年度、県内地場産業の海外展開の支援を強化する。少子高齢化で国内市場が縮小し、安価な輸入品との競合にも直面するが、日本酒や金物などの高級品が海外で評価される事例もある。県は製品開発や販路開拓を後押しして、補助先の企業に商機を拡大してもらう。

 県内産地の中小企業などが対象で、業界団体を通じて補助金の利用を呼び掛ける。海外展開の戦略立案▽試作や改良を含む製品・技術の開発▽広報・PRを含む販路拡大-の費用を手当てする。

 1件年500万円を上限に、経費の半額まで補助する。年5~10件程度の利用を想定する。最大3年、計1千万円程度まで。ひょうご海外ビジネスセンターの助言も得られる。

 地場産業に限らない県内中小企業の海外展開支援については、販路拡大や拠点設立に向けた調査の渡航・滞在・通訳・出展費などの半額以内(上限100万円)を補助する制度もあり、20年度は30件程度の利用を見込んでいる。

 地場産業の海外展開を支援する県工業振興課は「地域社会を支える地場産業を元気づけたい」としている。同課TEL078・362・3331。中小企業の海外展開支援は県国際経済課TEL078・362・3328

(佐伯竜一)