ひょうご経済プラスTOP 経済 「高齢者見守り型の店舗試行」池田泉州銀・鵜川頭取

経済

「高齢者見守り型の店舗試行」池田泉州銀・鵜川頭取

2020.02.28
  • 印刷
インタビューに応じる池田泉州銀行の鵜川淳頭取=大阪市北区茶屋町

インタビューに応じる池田泉州銀行の鵜川淳頭取=大阪市北区茶屋町

 池田泉州銀行(大阪市)の鵜川淳頭取は27日までに神戸新聞社のインタビューに応じ、高齢者の見守りに貢献する店づくりに取り組む考えを示した。都心部から離れた鉄道沿線の住宅街の高齢化を想定し、兵庫県内と大阪府内の計3店舗で試行する。

 試行する店舗には、公益財団法人が手掛けるサービス介助基礎研修や、厚生労働省が推進する認知症サポーター養成講座を受けた行員を配置。つえ立てや書類を見やすくするための拡大鏡を常備する。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。