ひょうご経済プラスTOP 経済 マスクしたまま顔認証 グローリーがシステム開発

経済

マスクしたまま顔認証 グローリーがシステム開発

2020.04.21
  • 印刷
グローリーの顔認証システムの画面(同社提供)

グローリーの顔認証システムの画面(同社提供)

 貨幣処理機大手のグローリー(兵庫県姫路市)は20日、マスクをしたままでも顔認証ができるシステムを開発したと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、マスクの着用が広がっていることに対応する。6月に発売する。

 事前に認証したい人の顔写真をシステムに登録しておくと、人工知能(AI)がカメラを通じて、マスクを着用しても隠れない目元や額、鼻筋などの特徴から本人を認識する。これまでマスクやサングラスで顔の大部分が覆われていると、正しく認識できなかった。

 新システムは、最大千カ所の顔情報を一元管理できる。オフィスでの入退管理のほか、スーパーや薬局などのチェーン店での採用を見込む。希望小売価格はカメラ2台と顔認証システムの入ったパソコンで220万円。

 グローリーの顔認証システムは2003年に開発。スーパーや病院、介護施設など約千カ所に採用されている。広報担当者は「空港や駅に導入されれば、チケットや電子マネーがなくても乗り物に乗れるようになる」と話した。(塩津あかね)