ひょうご経済プラスTOP 経済 冷凍焼きビーフン、具材にご当地野菜 第1弾は千葉、ケンミン食品が発売

経済

冷凍焼きビーフン、具材にご当地野菜 第1弾は千葉、ケンミン食品が発売

2020.06.16
  • 印刷
千葉県産の野菜を使用した「千葉ケンミン焼ビーフン」(ケンミン食品提供)

千葉県産の野菜を使用した「千葉ケンミン焼ビーフン」(ケンミン食品提供)

 ビーフン製造最大手のケンミン食品(神戸市中央区)は、47都道府県の野菜を具材として使う冷凍焼きビーフンの販売を始めた。第1弾は千葉で、1万袋を地元のスーパーと同社の通販サイトで販売する。

 同社の創業70年記念プロジェクトの一環。ご当地の野菜を使用した商品を生産地の周辺で販売し、地産地消に貢献する狙いがある。

 商品名は「千葉ケンミン焼ビーフン」。ズッキーニ▽ナス▽赤ピーマン▽ショウガ-を使用する。いずれも千葉が全国で上位の収穫量を誇る特産物で、ショウガのさっぱりとした味わいが特長という。

 同社の担当者は「夏野菜が中心なので、これからの季節にぴったり」とPRしている。1人前200グラムで315円(税抜き)。(中村有沙)