ひょうご経済プラスTOP 経済 中継見ながらチャットで応援 タイガース戦で実験

経済

中継見ながらチャットで応援 タイガース戦で実験

2020.07.06
  • 印刷
「阪神タイガース TV観戦応援チャット」の利用イメージ(阪神電鉄提供)

「阪神タイガース TV観戦応援チャット」の利用イメージ(阪神電鉄提供)

 阪神電鉄は7~9日、兵庫県西宮市の甲子園球場で行われるプロ野球阪神-巨人戦で、阪神ファンがテレビ観戦しながら、パソコンやスマートフォンのウェブ上で応援コメントなどを投稿し合う「阪神タイガース TV観戦応援チャット」の実証実験を行う。無観客試合でも観戦の一体感を味わってもらう狙いという。

 ウェブコミュニティーサービスを提供する「Juwwa(ジュワ)」(東京)と協業して実施。試合のテレビ中継を見ながら、チャット形式で感想を書き込んだり、スマホなどで撮影した写真を投稿したりできるほか、他のファンの投稿に反応を返すこともできる。

 利用は無料。無料通信アプリ「LINE(ライン)」を通じて参加する。

 プロ野球は新型コロナウイルスの影響で、約3カ月遅れの6月19日に無観客で開幕。甲子園球場では7月10日から、1試合につき最大5千人の入場が可能となる。阪神電鉄は今回の実験結果などを分析して本格導入を探る方針で、担当者は「無観客かどうかにかかわらず、従来とは別の楽しみ方として検討したい」としている。(伊丹昭史)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス