ひょうご経済プラスTOP 経済 ネギや花の生育妨げるウイルス 県内で初確認 40種以上に感染の恐れ

経済

ネギや花の生育妨げるウイルス 県内で初確認 40種以上に感染の恐れ

2020.07.14
  • 印刷
アイリス黄斑ウイルスに感染したネギ。矢印の部分に黄や白の斑紋が出ている(兵庫県病害虫防除所提供写真を一部加工)

アイリス黄斑ウイルスに感染したネギ。矢印の部分に黄や白の斑紋が出ている(兵庫県病害虫防除所提供写真を一部加工)

アイリス黄斑ウイルスを媒介するネギアザミウマの成虫(左)と幼虫(右)(兵庫県病害虫防除所提供)

アイリス黄斑ウイルスを媒介するネギアザミウマの成虫(左)と幼虫(右)(兵庫県病害虫防除所提供)

アイリス黄斑ウイルスに感染したトルコギキョウの葉(兵庫県病害虫防除所提供)

アイリス黄斑ウイルスに感染したトルコギキョウの葉(兵庫県病害虫防除所提供)

 兵庫県病害虫防除所(加西市)は14日、ネギやタマネギ、トルコギキョウなどの生育を妨げる「アイリス黄斑ウイルス」の発生を県内で初確認したと発表した。5~7月、但馬や淡路など県内全域の露地とハウス栽培の作物で症状が出た。

 ネギなどの葉を食害するネギアザミウマ(成虫の体長約1ミリ)が媒介。感染すると葉に黄や白色の斑紋ができ、進行すると枯れる。食用作物は収穫量が減り、切り花は商品価値の低下を招くという。

 ニンニクやテッポウユリなど雑草を含む17科40種以上に感染するとされる。国内では1996年以降、千葉や京都、和歌山など30都府県で確認されている。

 同防除所は「予察特殊報」を発令。生産者に対し、発病した株は袋に密封して処分▽農薬防除▽ハウスの周囲にシートやネットを張る-などの対策を求め、疑わしい場合は近隣の農業改良普及センターなどに相談するよう呼び掛けている。同防除所TEL0790・47・1222

(山路 進)