ひょうご経済プラスTOP 経済 牛舎に流れるモーツァルト 牛にリラックス効果?

経済

牛舎に流れるモーツァルト 牛にリラックス効果?

2020.08.28
  • 印刷

大音量でモーツァルトを流す。牛たちもご機嫌?=南あわじ市八木養宜上、淡路島牧場

大音量でモーツァルトを流す。牛たちもご機嫌?=南あわじ市八木養宜上、淡路島牧場

 淡路島の牧場や牛舎で、乳牛にモーツァルトの楽曲を聞かせる取り組みが広がっている。人への音楽療法からヒントを得て、耳が良いとされる牛へのリラックス効果を期待する。その生乳で「モーツァルト牛乳」を商品化する準備も進んでいる。(上田勇紀)

 淡路島牧場(兵庫県南あわじ市八木養宜上)の大きな牛舎の中で、モーツァルトの代表曲の一つである「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」が大音量で響いていた。牛たちは慣れた様子で餌を食べたり、休んだり。初めて訪れた人はそのユニークな光景に、少し驚くかもしれない。

 淡路島牛乳株式会社(同市市善光寺)の鳥井俊廣代表取締役(71)らが進める。酪農家でもある鳥井さんは元々、クラシック音楽の愛好家。10年ほど前に、癒やし効果があるとされるモーツァルトの音楽療法に興味を持ち、専門家の本などを読み込んだ。

 「牛は足音で飼い主を見分けるほどで、人よりはるかに耳が良い」と鳥井さん。約7年前、自分の牛舎で試みた。朝から晩までモーツァルトの曲を流したところ、牛たちは驚いたそぶりを見せず、続けるうちに性格がおとなしくなったという。「手や顔をなめに来たりして、友だちのようにフレンドリーになった」と振り返る。

 5年ほど前からは関連の淡路島牧場でも聞かせるように。旧牛舎に加え、ロボット搾乳機を取り入れた新牛舎でも受け継いだ。「ホルン協奏曲 第1番」や「フルートとハープのための協奏曲」など名曲の数々を1日8時間以上流す。

 飼育員の柏木裕二さん(45)は「餌を食べている表情が幸せそうに感じる。私たち飼育員も休憩中にリラックスできる」と手応えを口にする。

 取り組みは南あわじ市の他の酪農家にも少しずつ広がり、同社は新商品「モーツァルト牛乳」の発売に向けて準備中。モーツァルトを聞かせ、餌にもこだわった牛の生乳を使い、淡路島牛乳の新ブランドにする考えだ。

 「牛がリラックスした状態で搾られた生乳で、癒やしを届けられたら」と同社。楽聖が奏でた味わいに注目が集まりそうだ。