ひょうご経済プラスTOP 経済 みなと銀行のイメージ動画 武庫川女子大生らが制作

経済

みなと銀行のイメージ動画 武庫川女子大生らが制作

2020.09.10
  • 印刷
自作したみなと銀行の企業イメージ動画に見入る武庫川女子大学の学生ら=同行鳴尾支店

自作したみなと銀行の企業イメージ動画に見入る武庫川女子大学の学生ら=同行鳴尾支店

 武庫川女子大学情報メディア学科の学生らが、みなと銀行(神戸市中央区)の企業イメージ動画を制作した。企画や撮影、出演、編集をこなし、地域密着の魅力を30秒で表現した。9月末まで全店舗の店頭で放映している。

 「広告メディア演習」の授業で、昨年9月~今年1月に当時の2年生40人が10班に分かれ、1作品ずつ手掛けた。

 社会に出たばかりで不安を感じている女性が、行員から生活設計の助言を受けて前向きになるドラマ仕立ての作品もあり、学生の1人(20)は「銀行の役割の大きさを短時間で分かりやすく伝えるのが難しかった」と振り返る。

 同行と武庫川女子大は2019年に産学連携協定を結んだ。同行の担当者は「よく研究された内容でありがたい。来店時など多くの人に見てもらえたら」と話している。(佐伯竜一)