ひょうご経済プラスTOP 経済 「ぶどうぱん」でおなじみの寿屋 ラスクで全国へ

経済

「ぶどうぱん」でおなじみの寿屋 ラスクで全国へ

2020.09.20
  • 印刷
新商品「ことぶきのぶどうぱん レーズンラスク」を手にする増成豊美さん=ベーカリーカフェコトブキ

新商品「ことぶきのぶどうぱん レーズンラスク」を手にする増成豊美さん=ベーカリーカフェコトブキ

ブドウの甘酸っぱさが味のアクセントになる「レーズンラスク」

ブドウの甘酸っぱさが味のアクセントになる「レーズンラスク」

最も人気の「ことぶきのぶどうぱん」

最も人気の「ことぶきのぶどうぱん」

昭和時代の寿屋

昭和時代の寿屋

 兵庫県播磨地域のスーパーなどでおなじみの「ことぶきのぶどうぱん」を手掛ける寿屋(同県姫路市)が今秋、全国展開に向けて動きだす。今年は創業80年の節目。新商品として、1日がかりで焼き上げる「レーズンラスク」が完成。3代目の増成豊美(ますなり・とよみ)さん(60)は「ふんわりが売りのぶどうぱんが、カリッと仕上がった」と自信を見せる。(段 貴則)

 寿屋は増成さんの祖父が1940(昭和15)年、旧日本製鉄の広畑進出(現・日本製鉄瀬戸内製鉄所)に合わせて店を構えた。当時は和菓子や餅、ケーキも扱っていたようだが、60年に転機を迎える。アメリカから「カリフォルニアレーズン」の輸入が始まり、パン業界でレーズンの使用が推奨された。寿屋も含め、全国のパン店に「ブドウパン」が並んだという。

 かつては製鉄所や広畑、夢前両中学校の購買部で販売し、卸売りは一部量販店のみだったが、10年ほど前に播磨の各スーパーに並ぶようになった。親しみやすいように商品名をすべてひらがなにし、アーモンドなど味の種類も増やしたが「売れる数はオーソドックスな『ぶどうぱん』が断トツ」という。「味は変わらないが、どんどん生地を柔らかくし、ふわふわの食感を追求しています」

 近年、岡山で販売されるようになったが、パンは消費期限が短く、販路を広げるには限界があった。そこで目を付けたのが、人気があり日持ちもするラスクだった。「レーズン入りラスクは全国にもないんじゃないか」と増成さん。レーズンの水分をいかに飛ばすかが課題だったが、ラスクはカリッと、レーズンはもっちりとした食感を実現した。

 アーモンドとシナモンの2種類をそろえ、今後、本格的に販売を始める。増成さんは「まずは土産物として全国展開できれば」と話す。

 120グラム入り320円。JRはりま勝原駅前のベーカリーカフェコトブキ(姫路市勝原区熊見)などで販売。火曜と第3水曜定休。同店TEL079・237・5883