ひょうご経済プラスTOP 経済 「神戸洋家具」の老舗、20年ぶり改装 永田良介商店

経済

「神戸洋家具」の老舗、20年ぶり改装 永田良介商店

2020.11.06
  • 印刷
改装オープンした店内に立つ永田良介商店の永田泰資店主=神戸市中央区三宮町3

改装オープンした店内に立つ永田良介商店の永田泰資店主=神戸市中央区三宮町3

改装オープンした永田良介商店=神戸市中央区三宮町3

改装オープンした永田良介商店=神戸市中央区三宮町3

欧州製の椅子の張り生地を使ったスリッパ=神戸市中央区三宮町3

欧州製の椅子の張り生地を使ったスリッパ=神戸市中央区三宮町3

神戸牛などの皮を使った「神戸レザー」のかばんや財布=神戸市中央区三宮町3

神戸牛などの皮を使った「神戸レザー」のかばんや財布=神戸市中央区三宮町3

 兵庫県の地場産品の一つ「神戸洋家具」の老舗、永田良介商店(神戸市中央区三宮町3)が店舗を20年ぶりに改装し、6日オープンした。

 1階は椅子などの家具だけでなく、じゅうたんやスリッパなどの内装品や日用品を配置。同店などがブランド化に取り組む神戸牛やイノシシの皮を使った「神戸レザー」の初の常設コーナーもあり、財布やかばんをそろえる。2階は、マンションの居室や重厚感のある部屋などを再現し、顧客の住まいに合わせて商品を選んでもらいやすいようにした。

 改装に合わせて、椅子の張り生地を使用し、甲の部分には皮を使ったスリッパを発売した。初回は60足限定で、それぞれ模様が異なる。1足1万8千円(税抜き)。20年前まで販売したが、顧客からの要望を受けて復活した。

 同店は1872(明治5)年開業。6代目店主の永田泰資さん(35)は「雑貨も多いので、気軽に立ち寄ってほしい」と話す。

 午前11時~午後6時。TEL078・391・3737

(塩津あかね)