ひょうご経済プラスTOP 経済 みなと銀行行員が感染 新型コロナ、神戸・三宮地区周辺の営業担当

経済

みなと銀行行員が感染 新型コロナ、神戸・三宮地区周辺の営業担当

2021.01.18
  • 印刷
国立感染症研究所で分離された新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真像(同研究所提供)

国立感染症研究所で分離された新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真像(同研究所提供)

 みなと銀行(神戸市中央区)は18日、神戸・三宮地区周辺の営業を担当する三宮統括部(同)の男性行員1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。JR三ノ宮駅直結の神戸交通センタービルに入居する同部と、同じ建物の別フロアの三宮コンサルティングプラザを同日正午から終日臨時休業して消毒する。

 濃厚接触した可能性がある行員には、自宅待機を指示した。感染した行員は15日に味覚の違和感などを訴えて16日から休み、18日に感染が判明した。

【特集】目で見る兵庫県内の感染状況