ひょうご経済プラスTOP 経済 港町・神戸にぎわいの中心に 4月開業、神戸三宮の阪急ビル

経済

港町・神戸にぎわいの中心に 4月開業、神戸三宮の阪急ビル

2021.01.28
  • 印刷
サンキタ通り側から見た商業ゾーン「エキゾ神戸三宮」のイメージ図(阪急電鉄提供)

サンキタ通り側から見た商業ゾーン「エキゾ神戸三宮」のイメージ図(阪急電鉄提供)

神戸新聞NEXT

神戸新聞NEXT

4月26日開業と出店概要が発表された神戸三宮阪急ビル=神戸市中央区(撮影・後藤亮平)

4月26日開業と出店概要が発表された神戸三宮阪急ビル=神戸市中央区(撮影・後藤亮平)

 阪急電鉄などは27日、建て替え中の神戸三宮駅直結の駅ビル(神戸市中央区)を4月26日に開業すると正式に発表した。新ビルの名称は「神戸三宮阪急ビル」。ホテルやオフィス、商業施設などが一体となった神戸・三宮の新たなランドマークが誕生する。(三島大一郎)

■商業施設「エキゾ神戸三宮」飲食など楽しめる35店

 同ビルは高さ約120メートル、延べ床面積約3万4300平方メートル。3階~地下2階を商業施設「EKIZO(エキゾ)神戸三宮」、4~15階をオフィス、17~28階をホテル「レムプラス神戸三宮」、29階を展望フロアとレストランにした。

 エキゾ-の名称は、異国情緒のある(エキゾチック)港町・神戸にちなんだ。核テナントの食品スーパー「阪急オアシス」など計35店舗が出店する。老舗バー「サンボア」を発祥地の神戸に復活させるほか、各国のクラフトビールを楽しめる「コウベビアハウゼ」や、大阪・福島の割烹(かっぽう)もう利の新業態「酒場 酒ト魚ト汝ト私」なども出店する。

 アパレルの出店はなく、広報担当者は「服飾店は周辺施設に多くある。(エキゾは)人々が集まる駅直結の施設で、料理やお酒をゆっくり楽しめる店をそろえることで、にぎわいの拠点とする狙い」と話す。

 阪急阪神ホテルズが展開するレムプラスは西日本初出店で、ダブルルームを主体とした209室。オフィスゾーンの15階には、産官学の知的交流拠点「アンカー神戸」が開設する。

 外観は、低層部東側には大きなアーチ状の窓や円筒形の外壁が特徴。阪神・淡路大震災で損壊、解体した旧神戸阪急ビル東館のデザインを受け継ぐ。

 このほか、神戸市営地下鉄との乗り換えの利便性を高めるためエスカレーターを増設。エレベーターも新設する。