ひょうご経済プラスTOP 経済 飲食店の時短協力金申請 締め切りを延長 兵庫県

経済

飲食店の時短協力金申請 締め切りを延長 兵庫県

2021.02.26
  • 印刷
兵庫県庁=神戸市中央区下山手通5

兵庫県庁=神戸市中央区下山手通5

 兵庫県は26日、新型コロナウイルスの感染防止で時短営業要請に応じた飲食店への協力金について、申請締め切りを当初の3月1日から同月8日に延ばすと発表した。締め切り日が十分周知されていないとして、申請書類の作成を考慮し、1週間延長する。

 県は独自要請(1月12、13日)と、国の緊急事態宣言に伴う要請のうち1月14日~2月7日に応じた分の協力金の申請を3月1日まで受け付けていた。

 しかし、締め切り日を前に「宣言解除後に申請すればいいと思っていた」との声が寄せられたため対応した。県は、協力金の受給資格がある飲食店のうち、7割程度は申請済みとみている。

 郵送は同月8日の消印有効。インターネット申請は同日午後11時59分まで。緊急事態宣言が延長された2月8日以降の分の申請は始まっておらず申請期間も未定。

 県時短協力金コールセンターTEL078・361・2501(平日午前9時~午後5時)

(森 信弘)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス