ひょうご経済プラスTOP 経済 日亜鋼業、社長に大西氏が昇格

経済

日亜鋼業、社長に大西氏が昇格

2021.02.26
  • 印刷
日亜鋼業の社長に決まった大西利典副社長(同社提供)

日亜鋼業の社長に決まった大西利典副社長(同社提供)

 線材加工の日亜鋼業(兵庫県尼崎市)は26日、国峰淳社長(65)が代表権のない取締役相談役に退き、大西利典副社長(58)が社長に昇格するトップ人事を発表した。4月1日付で、経営の若返りを図る。

 国峰氏は2014年からの在任期間中、普通線材とボルト製品を中心に販売数量を拡大。収益力の強化を図り、経常利益ベースで20年3月期まで4年連続で増益を果たした。

 大西氏は日本製鉄で薄板事業の営業を中心に歩んできた。20年6月、日亜鋼業の副社長に就いた。(大島光貴)

 【大西 利典氏(おおにし・としのり)】上智大法学部卒。86年新日本製鉄(現日本製鉄)。18年執行役員。20年日亜鋼業。同年6月から副社長。愛媛県出身。