ひょうご経済プラスTOP 経済 国内初、新型コロナワクチンの新工場 神戸に建設 JCRファーマ

経済

国内初、新型コロナワクチンの新工場 神戸に建設 JCRファーマ

2021.03.04
  • 印刷
新型コロナウイルスワクチン原液新工場パース

新型コロナウイルスワクチン原液新工場パース

神戸新聞NEXT

神戸新聞NEXT

新型コロナウイルスワクチンの原液製造過程で実施される品質試験=神戸市内(JCRファーマ提供)

新型コロナウイルスワクチンの原液製造過程で実施される品質試験=神戸市内(JCRファーマ提供)

新型コロナウイルスワクチンの原液製造に使用される大型の製造装置=神戸市内(JCRファーマ提供)

新型コロナウイルスワクチンの原液製造に使用される大型の製造装置=神戸市内(JCRファーマ提供)

新型コロナウイルスワクチンの原液製造で培養に用いる大型の使い捨てバッグ=神戸市内(JCRファーマ提供)

新型コロナウイルスワクチンの原液製造で培養に用いる大型の使い捨てバッグ=神戸市内(JCRファーマ提供)

 医薬品メーカーJCRファーマ(兵庫県芦屋市)は4日、新型コロナウイルスのワクチンの原液を手掛ける工場を神戸市西区の工業団地「神戸サイエンスパーク」に新設すると発表した。コロナワクチン向けの新工場は国内で初めて。

 同市から土地を購入し、平屋建ての製造棟と3階建ての事務棟を建設する。7月に着工、2022年10月に完成する予定。23年から製造を始める。投資額は116億円。

 同社は、英製薬大手アストラゼネカが日本政府に供給する1億2千万回分のうち、9千万回分の製造を担う。