ひょうご経済プラスTOP 経済 タッチパネル、触れなくても操作OK 「安心」の新技術に商業施設も注目

経済

タッチパネル、触れなくても操作OK 「安心」の新技術に商業施設も注目

2021.03.23
  • 印刷
画面の上に張り巡らされた赤外線網の中で手を動かすと操作できるタッチパネルのデモ機=神戸市中央区多聞通5、新和工業

画面の上に張り巡らされた赤外線網の中で手を動かすと操作できるタッチパネルのデモ機=神戸市中央区多聞通5、新和工業

特殊な鏡面を使ってモニター画面を空中に投影するホログラフィーパネル=神戸市中央区多聞通5、新和工業

特殊な鏡面を使ってモニター画面を空中に投影するホログラフィーパネル=神戸市中央区多聞通5、新和工業

 宙に浮かぶ案内画像、画面に触れなくても反応するタッチパネル-。新型コロナウイルスの感染防止に向け、「非接触」の技術が注目されている。神戸市のメーカーは今年、券売機や商業施設の電子看板(デジタルサイネージ)などを想定した空中操作装置の販売に乗り出す。「触れない安心」への欲求が、SF映画のような未来絵図の世界を実現しつつある。

 神戸市中央区の電子機器開発製造業「新和工業」は今年1月、画面に触れなくてもタッチパネルを操作できる装置を発表した。

 画面から数センチ上に張り巡らせた赤外線網の中で手指を動かすと、実際に触れていないのに画面のタッチパネルが動く仕組みだ。

 新型コロナが広がり、昨年夏に検温カメラを発売した同社は、市場の衛生意識の高まりを実感。昨年秋ごろから、非接触タッチパネルの開発を始めた。

 赤外線は既存の装置を活用。当初、空中で操作する際、手指の動きがタッチパネルに正確に伝わらなかったり、触れていないのに作動したりする誤検知事例があった。そのため、同社はプログラムを改良。既存のタッチパネルに外付けできるようにもした。

 さらに、特殊な鏡面を活用し、モニター画面を空中に投影できるホログラフィー装置も発表した。いずれも受注生産で、今年から本格的に販売する。

 既に飲食店や商業施設から問い合わせがあるといい、同社は「不特定多数の人が触れる場所を避けたいという志向の強さを感じる。公共の場でこうした技術への要望は増えるのではないか」としている。

 ほかに、大手エレベーターメーカーなども非接触の操作盤を相次いで開発。実用化の幅は広がりつつある。(中西幸大)