ひょうご経済プラスTOP 経済 神戸市とP&Gジャパンが包括協定 イノベーションへ連携

経済

神戸市とP&Gジャパンが包括協定 イノベーションへ連携

2021.06.09
  • 印刷
包括連携協定を結んだ神戸市の久元喜造市長(左)とP&Gジャパンのスタニスラブ・ベセラ社長=神戸市役所

包括連携協定を結んだ神戸市の久元喜造市長(左)とP&Gジャパンのスタニスラブ・ベセラ社長=神戸市役所

 神戸市と家庭用品大手のP&Gジャパン(同市中央区)は9日、これまでに結んだ人材育成と働き方改革の協定に加え、産学官民連携によるイノベーション(技術革新)の創出や環境サステナビリティー(持続可能性)、緊急時支援で協力する包括連携協定を結んだ。

 産学官民連携によるイノベーションでは、学生とプロジェクトチームを立ち上げ、神戸・三宮の「さんきたアモーレ広場」や六甲山に行動経済学を応用したごみ箱を設置し、ポイ捨て削減の実証実験に取り組む。

 環境サステナビリティーは、市の里山整備や容器プラスチックの削減で協力。緊急時支援は新型コロナウイルス禍の支援として、同社がマスク30万枚を市民病院機構へ寄付し、洗剤やオーラルケア製品など1万1千セットを、生活が苦しい市内の子育て世帯に提供する。

 同社のスタニスラブ・ベセラ社長は「コロナ禍の困難な状況で協力関係を深めることができてうれしい」。久元喜造市長は「P&G社がグローバルで培ってきた価値や知見を共有し、共に行動していきたい」と話した。(長谷部崇)