ひょうご経済プラスTOP 経済 淡路産新タマネギの焼きビーフン ケンミン食品が期間限定販売

経済

淡路産新タマネギの焼きビーフン ケンミン食品が期間限定販売

2021.06.11
  • 印刷
淡路島の新タマネギを使った「兵庫ケンミン焼ビーフン」のパッケージ(ケンミン食品提供)

淡路島の新タマネギを使った「兵庫ケンミン焼ビーフン」のパッケージ(ケンミン食品提供)

 ビーフン大手のケンミン食品(神戸市中央区)は、淡路島産の新タマネギを使った冷凍食品「兵庫ケンミン焼ビーフン」を発売した。全国の特産を使って商品開発するシリーズの兵庫県版。8月ごろまでの期間限定で、全国の生活協同組合などで扱っている。

 1950年の創業から70年を記念して昨年6月に千葉県の野菜、今年2月に宮崎県の鶏を使った焼きビーフンを発売し、売り切れが続出する人気となった。

 タマネギは水分が多く、辛みが少ない今春収穫分にこだわった。一緒に炒めるビーフンにうま味や甘味を閉じ込め、淡路島産新タマネギ本来のおいしさを引き出したという。

 2019年春に開発にかかり、昨春発売する予定だったが、新型コロナ禍で延期していた。担当者は「やっとお届けできる。地元・兵庫で愛される味を、自信を持って全国に伝えたい」と話している。

 電子レンジで調理でき、1人前180グラムで希望小売価格270円。生活協同組合の共同購入のほか、ケンミン食品のオンラインショップで販売する。(赤松沙和)