ひょうご経済プラスTOP 経済 ワクチン接種者限定、お得な宿泊プラン 兵庫のホテル、接種券見せれば料金割り引き

経済

ワクチン接種者限定、お得な宿泊プラン 兵庫のホテル、接種券見せれば料金割り引き

2021.06.18
  • 印刷
ワクチン接種者向けの食事代割引サービスを案内するホテルクラウンパレス神戸の掲示板=神戸市中央区東川崎町1

ワクチン接種者向けの食事代割引サービスを案内するホテルクラウンパレス神戸の掲示板=神戸市中央区東川崎町1

 兵庫県内のホテルが、新型コロナワクチン接種の本格化を踏まえたサービスに力を入れている。接種者を対象に長時間滞在できる宿泊プランを投入し、館内レストランの食事代を割り引くなどして、利用客を掘り起こす狙い。多くのホテルで客室稼働率と宴会需要が低迷しており、新たな客層を取り込んで収益ダウンを補う。(大盛周平)

 ホテルトラスティ神戸旧居留地(神戸市中央区)は今月2日、丸1日滞在できる宿泊プランを導入した。接種の前後を室内でゆったりと過ごし、万一の副反応に備えて静養してもらう狙い。午前9時~翌日午後9時の36時間の枠内で、チェックインから最長24時間客室を利用できる。

 市営地下鉄海岸線の旧居留地・大丸前駅に近く、神戸市の大規模接種会場である神戸ハーバーランドセンタービルなどへのアクセスに便利な立地を生かす。

 ホテルクラウンパレス神戸(同市中央区)も、一部プランでチェックイン時間を柔軟に対応するほか、館内レストランで接種券を提示すれば食事代を1割引きするサービスを実施している。

 ホテルモントレ姫路(姫路市)は20日から、接種予約者を対象に1割程度安い宿泊代を設定。県が設置する大規模会場の一つで、21日から接種が始まる姫路市文化コンベンションセンター「アクリエひめじ」に近い。都ホテル尼崎(尼崎市)は、日中に客室を3時間使える日帰りプランなどを導入する。

 観光庁によると、宿泊施設(旅館などを含む)の3月の客室稼働率は兵庫で38・6%(速報値)。前年同月比で5・3ポイント増えたが、コロナ禍前の2019年3月との比較では20・8ポイント下落した。緊急事態宣言の発令に伴う移動や酒類提供の制限で、県内のホテル関係者からは「宿泊と宴会とも厳しい状況はまだ続く」との声が漏れる。

 ホテルトラスティ神戸旧居留地の内田知之総支配人は「従来のホテル運営だと(コロナ禍を克服するのに)限界がある。顧客の目的に合わせた利用方法をホテル側から提案することで、これまでホテルに縁遠かった人にも泊まってもらえるきっかけになれば」と話している。