ひょうご経済プラスTOP 経済 兵庫県産酒米の日本酒購入で金券 41店舗で販促キャンペーン

経済

兵庫県産酒米の日本酒購入で金券 41店舗で販促キャンペーン

2021.06.18
  • 印刷
兵庫県による県産酒米使用の日本酒消費拡大キャンペーンのチラシ

兵庫県による県産酒米使用の日本酒消費拡大キャンペーンのチラシ

 兵庫県が、新型コロナウイルス禍で需要が落ち込む日本酒の消費拡大キャンペーンを展開している。県産農産物や加工品を扱う直売所などで、県産酒米を使った日本酒の購入額2500円ごとに500円の金券を配る。県の担当者は「家のみをはじめ、父の日のプレゼントやお中元に使ってもらえれば」と呼び掛ける。

 県内では「山田錦」「五百万石」など20種以上の酒米が作られ、生産量シェアは25%と全国トップ。県産酒米を使った日本酒は700銘柄を超すという。しかし、飲食店の休業や酒類提供の制限から消費は低迷。酒米の需要も落ち込み、産地に大きな影を落とす。

 「ひょうご呑も呑もキャンペーン」は、県内のJA直売所や道の駅など41施設で実施。金券は10万枚を用意し、参加店舗での買い物に使える。県が2月補正予算で新型コロナ対策として計上した5300万円を充てる。

 金券の配布は1回当たり4枚まで。配布、使用とも8月31日まで。各店で金券がなくなり次第終了する。

 対象店は、県の同キャンペーンのホームページに掲載。県農産園芸課TEL078・362・3494

(山路 進)