ひょうご経済プラスTOP 経済 阪神バス、教習所と連携 尼崎の既存路線で送迎代替

経済

阪神バス、教習所と連携 尼崎の既存路線で送迎代替

2021.07.29
  • 印刷
自動車教習所の無料送迎バスを代替する阪神バスの車両(同社提供)

自動車教習所の無料送迎バスを代替する阪神バスの車両(同社提供)

 阪神バス(兵庫県尼崎市)は、尼崎市の自動車教習所「尼崎ドライブスクール」が教習生を無料送迎するバスの一部について、既存の路線バスで代替するサービスを31日から始める。阪神バス側は固定収入の確保、教習所側は運行費用削減や事故リスク回避などの利点が見込めるという。

 阪神バスは、地域社会との連携を通じた公共交通の維持発展を模索し、同教習所に持ちかけて昨年から協議してきた。

 阪神バスは、同市内の主要駅などを結ぶ3路線の一部便を、それぞれ同教習所の近くまで延伸する。同教習所が市内で運行している無料送迎バス6コースのうち半数を代替する。

 教習生には在籍中、阪神バス全線で使えるフリー乗車券を発行し、費用は同教習所が負担する。

 高齢者の1日講習などでも、降車時に乗車証明書を受け取って教習所の窓口に提出すれば、片道の運賃が現金で返却され、復路の乗車券をもらえる。

 バス会社、教習所、教習生のそれぞれにメリットが生まれるとして、阪神バスは「ほかの沿線企業とも連携できそう。営業を積極化したい」と話している。(大盛周平)