ひょうご経済プラスTOP 経済 後継不在の中小企業、第三者への事業承継拡大 官民が仲介

経済

後継不在の中小企業、第三者への事業承継拡大 官民が仲介

2021.08.27
  • 印刷
人気の「ハムたまご」と「とんかつ」を手にする小笠原恵さん(左)と山根智治さん=神戸市灘区篠原南町6

人気の「ハムたまご」と「とんかつ」を手にする小笠原恵さん(左)と山根智治さん=神戸市灘区篠原南町6

 兵庫県内で中小企業の事業承継がじわりと広がっている。後継ぎの中心は経営者の親族や従業員だが、事業を譲渡したい企業と引き継ぎたい企業を橋渡しするサービスが官民で拡大し、第三者への承継も増えているからだ。新型コロナウイルス禍による先行きの不透明感が強まる中、これまでに培った経営資源を守る観点から、第三者への承継は今後も拡大しそうだ。(森 信弘、赤松沙和、大久保斉)

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。