ひょうご経済プラスTOP 経済 ユーハイムのAIオーブン、にしむら珈琲に弟子入り 熟練職人の技を学習中

経済

ユーハイムのAIオーブン、にしむら珈琲に弟子入り 熟練職人の技を学習中

2021.10.22
  • 印刷
「セセシオン コンディトアアテリエ」の山上崇製菓主任に弟子入りしている「テオ」=神戸市中央区東川崎町1、神戸にしむら珈琲店ハーバーランド店

「セセシオン コンディトアアテリエ」の山上崇製菓主任に弟子入りしている「テオ」=神戸市中央区東川崎町1、神戸にしむら珈琲店ハーバーランド店

「セセシオン コンディトアアテリエ」の山上崇製菓主任に弟子入りしている「テオ」=神戸市中央区東川崎町1、神戸にしむら珈琲店ハーバーランド店

「セセシオン コンディトアアテリエ」の山上崇製菓主任に弟子入りしている「テオ」=神戸市中央区東川崎町1、神戸にしむら珈琲店ハーバーランド店

 洋菓子のユーハイム(神戸市中央区)は、同社が開発した人工知能(AI)搭載のバウムクーヘン専用オーブンを、コーヒー専門店「神戸にしむら珈琲店ハーバーランド店」(神戸市中央区)に設置した。にしむら珈琲店でバウムクーヘンをメニュー化するのは初めてで、年内にもこだわりの一杯と共に提供する。

 専用オーブン「THEO(テオ)」は、職人の技術をAIに学習させて、無人でも同じ水準の焼き具合を再現する。

 テオは3月、ユーハイムが名古屋市に開設したカフェに初めて常設した。全国のカフェやレストランなどに導入を提案しており、5月からは栃木県の和菓子店でも稼働する。にしむら珈琲店は3例目で、関西での採用は初めて。

 テオは店の入り口に設置され、にしむら珈琲店の運営会社が展開する洋菓子店「セセシオン コンディトアアテリエ」(神戸市東灘区)の山上崇製菓主任(46)に“弟子入り”中。同店のオリジナルレシピで試作を重ねて年内を目標に、にしむら珈琲店のハーバーランド店や、ほかの8店舗でイートインやギフト用に販売する。

 AIは画像センサーで焼き色などを解析するといい、山上さんによると「当日の状況に合わせて焼き上げる秒数が適切に調整され、設定通りに仕上がる」という。

 にしむら珈琲店の担当者は「テオは職人がいないところで本領を発揮する。セセシオンの焼き具合をテオに伝授し、出来たての味をお届けしたい」と意気込んでいる。(赤松沙和)