ひょうご経済プラスTOP 経済 頑丈な「耐摩耗鋼」に穴開ける技術、奥谷金網製作所が開発 産廃選別用のふるいなど需要見込む

経済

頑丈な「耐摩耗鋼」に穴開ける技術、奥谷金網製作所が開発 産廃選別用のふるいなど需要見込む

2021.12.09
  • 印刷
硬い耐摩耗鋼に穴を開けるパンチング技術を開発した奥谷智彦社長(右から2人目)ら=神戸市西区伊川谷町潤和

硬い耐摩耗鋼に穴を開けるパンチング技術を開発した奥谷智彦社長(右から2人目)ら=神戸市西区伊川谷町潤和

 産業用金網メーカーの奥谷金網製作所(神戸市中央区)は、スウェーデン製の頑丈な「耐摩耗鋼」に穴を打ち抜く技術を開発した。普通鋼の約7倍、ステンレスの約3倍の硬さで、プレスする金型の改良などを重ねて実現した。産業廃棄物の選別用ふるいなどの耐久性を高める独自技術として、環境リサイクル業者などの需要を見込む。(森 信弘)

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。