ひょうご経済プラスTOP 経済 淡路島に「留学」いかが? パソナ、来春に新制度 実務経験、就労支援も

経済

淡路島に「留学」いかが? パソナ、来春に新制度 実務経験、就労支援も

2021.12.29
  • 印刷

 人材派遣大手パソナグループの南部靖之代表(69)は28日までに共同通信のインタビューに応じ、本社機能の一部移転を進めている兵庫県の淡路島で契約社員として実務経験を積みながら、その後の就労支援が受けられる新制度を来年4月から開始することを明らかにした。「AWAJIビジネス留学制度」として50人を募集する。

 南部氏は「圧倒的に地方の時代が来ている」と強調。新型コロナウイルス禍で働き方が変わり、東京一極集中が見直される中、学び直しを考えている人らを対象に淡路島でのスキル向上の機会を提供する。

 契約期間は1年で、もう1年延長もできる。入居の初期費用全額と家賃の半額は補助。1日7時間半勤務で、グループ各社の業務を行うとともにビジネスや語学研修が受けられる。終了後はグループのネットワークを生かした就労支援もある。

 パソナは2020年から淡路島への機能移転を進めている。南部氏は「東京にいた時よりデジタルトランスフォーメーションが進み、仕事の効率が格段に高まった」と手応えを示した。24年5月ごろとする移転完了時期については「希望者が多く、早まるかもしれない」と見通した。