ひょうご経済プラスTOP 経済 神東塗料不正 水道管の出荷再開 クボタなど、安全性確認受け

経済

神東塗料不正 水道管の出荷再開 クボタなど、安全性確認受け

2022.01.19
  • 印刷
神東塗料=12日、尼崎市南塚口町6

神東塗料=12日、尼崎市南塚口町6

 クボタと日本鋳鉄管、栗本鉄工所は18日、中堅塗料メーカー神東塗料(兵庫県尼崎市)の水道管用塗料の認証不正取得疑惑を受けて停止していた水道管の出荷を再開するとそれぞれ発表した。日本水道協会が安全性に問題ないとして出荷の自粛要請を解除したため。

 問題の塗料を使った「ダクタイル鋳鉄管」は水道管として幅広く採用されている。主要メーカーのクボタと日本鋳鉄管、栗本鉄工所が出荷を停止したため、東京都水道局や大阪市水道局が工事の一部を中断するなど影響が広がっていた。

 クボタは一部製品を残して出荷再開。ほかの2社は全面的な出荷再開となる。一方、大成機工(大阪市)も、三田工場(三田市)で生産する水道管の一部製品の出荷を、19日に再開する方針を明らかにした。残りも再開に向けて検討していくという。

 神東塗料は12日、水道管用塗料について、日本水道協会の認証を不正に取得していた疑いが生じたと公表。これを受けて日本水道協会が出荷の自粛を求めていた。