ひょうご経済プラスTOP 経済 カワサキの電動3輪「ノスリス」23年春発売へ 前2輪で安定感抜群、幅広いニーズ想定

経済

カワサキの電動3輪「ノスリス」23年春発売へ 前2輪で安定感抜群、幅広いニーズ想定

2022.05.18
  • 印刷

カワサキモータースが事業化を決めた電動三輪車「ノスリス」(川崎重工業提供)

カワサキモータースが事業化を決めた電動三輪車「ノスリス」(川崎重工業提供)

ノスリスの電動アシスト自転車仕様(川崎重工業提供)

ノスリスの電動アシスト自転車仕様(川崎重工業提供)

ノスリスのフル電動仕様(川崎重工業提供)

ノスリスのフル電動仕様(川崎重工業提供)

 川崎重工業の子会社、カワサキモータース(兵庫県明石市)は18日、川重の社内ベンチャーから生まれた電動三輪車「noslisu(ノスリス)」を事業化すると発表した。昨年実施したクラウドファンディングは即日完売。兵庫県内外での試乗会では行列ができるなど注目度が高く、幅広いニーズがあると判断した。2023年春の発売を目指す。

 バイクの技術者5人が20年に開発した。足でこぐ力をモーターが補助する「電動アシスト自転車」と、ペダル操作なしで動く「フル電動」(普通自動車免許が必要)の2仕様を用意。前方を2輪にしており、減速や停止しても倒れにくい。ハンドル操作もスムーズで、操縦しやすい。

 公共交通機関が利用しにくい地域の移動や、重い荷物を運ぶ宅配事業者、転倒が不安な高齢者らの利用を想定している。

 20年以降、展示・試乗会を重ね、昨年5月にはクラウドファンディングで両仕様を27万~32万円で50台ずつ販売したところ、1日で売り切れた。大学や企業などが観光や宅配、通勤に活用する実験も相次いだ。

 具体的な発売時期や価格、販売方法は今後、公式サイト(https://noslisu.jp/)で順次発表する。(大島光貴)