ひょうご経済プラスTOP 経済 システム開発のアイクラフト、与信管理サービス事業者と資本業務提携 海外人材で連携

経済

システム開発のアイクラフト、与信管理サービス事業者と資本業務提携 海外人材で連携

2022.07.04
  • 印刷

 システム運用保守やソフトウエア開発のアイクラフト(神戸市中央区)は、東証スタンダード上場で与信管理サービスを提供するリスクモンスター(東京)と資本業務提携した。アイクラフトが強みとする海外人材のほか、データ管理に使われるブロックチェーン技術などで連携を深める。

 リスクモンスターなどを引受先とする第三者割当増資を実施した。調達した1千万円は採用の拡大や人材育成に充てる。アイクラフトが事業会社から出資を受けるのは初めて。

 同社はベトナムなどに海外拠点を持ち、外国人エンジニアを多く抱える。ブロックチェーン技術に関するノウハウもある。法人向けに多様な定額制サービスを提供するリスクモンスターとは、技術、営業面で相乗効果が見込めると判断した。

 山本裕計社長は「提携を機に、関西の企業を中心に提供している定額制システム運用管理サービスを全国に広げたい」と話した。

 アイクラフトは2001年設立。21年12月期の連結売上高は約10億円、従業員は約130人。(高見雄樹)