ひょうご経済プラスTOP 連載一覧 地産地消くらぶTOP <42>稲美町立天満小栄養教諭 佐用ヱリカさん(45)稲美町

地産地消くらぶ

<42>稲美町立天満小栄養教諭 佐用ヱリカさん(45)稲美町

2018.07.23
  • 印刷
稲美町産のコメや小松菜、みそなどを使った給食を手にする佐用ヱリカさん=稲美町立天満小学校

稲美町産のコメや小松菜、みそなどを使った給食を手にする佐用ヱリカさん=稲美町立天満小学校

 授業中においしそうな給食のにおいが教室まで届き、そわそわとした記憶は多くの人にあるだろう。兵庫県稲美町では約30年前から、積極的に地元産の食材を取り入れてきた。農林水産省の学校給食コンテストでは昨年度、10年連続の近畿農政局長賞に輝いた。

 食べ物に感謝し、食材を選ぶ力などを身につける食育。「稲美町や兵庫県には、おいしいものがたくさんあって、育てる人たちがいる。食を通して自分が暮らすまちを好きになってほしい」。子どもたちの顔を見ながら、給食づくりを楽しんでいる。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。