ひょうご経済プラスTOP 連載一覧 地産地消くらぶTOP <47>JA兵庫みらい小野無花果部会長 河嶋和美さん(72) 小野市

地産地消くらぶ

<47>JA兵庫みらい小野無花果部会長 河嶋和美さん(72) 小野市

2018.11.06
  • 印刷
小野市産のイチジク「おのこまち」で作った「こまちソース」をPRする河嶋和美さん=同市浄谷町、JA兵庫みらいサンパティオおの

小野市産のイチジク「おのこまち」で作った「こまちソース」をPRする河嶋和美さん=同市浄谷町、JA兵庫みらいサンパティオおの

 大手電機メーカーで約40年、テレビ開発一筋。62歳で退職し、ふるさとの小野市に戻り、約3・5アールでイチジクを育てる。きっかけはJA兵庫みらいの広報誌。記事を見た妻の勧めで参加した栽培講習会だった。

 もらった枝を実家の農地に挿し木した。夏、見る見る成長した木が大きな実を付けた。「自分でできるんじゃないか」。使われていなかったビニールハウスのパイプを農家からもらい、栽培施設を建てた。畝を立て、木を増やし、翌年には市特産イチジク「おのこまち」を出荷。小野無花果部会(17戸)に加わった。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。