ひょうご経済プラスTOP 連載一覧 地産地消くらぶTOP <57>田隅養鶏場社長 田隅元康さん(54) 市川町

地産地消くらぶ

<57>田隅養鶏場社長 田隅元康さん(54) 市川町

2019.04.16
  • 印刷
こだわりの卵に加え、加工したマヨネーズも手掛ける田隅元康さん=兵庫県市川町田中、田隅養鶏場

こだわりの卵に加え、加工したマヨネーズも手掛ける田隅元康さん=兵庫県市川町田中、田隅養鶏場

 「鶏が元気じゃないと、いい卵はできない」。ヒヨコの半年間は平飼いし、餌はトウモロコシやふすま、米ぬか、魚粉、海底の腐葉土など全て天然素材。花から抽出したビタミンEや赤パプリカの粉末も使い、病気への抵抗力や食欲増進につなげる。えさ代が割高になる分、小売価格もM寸10個パックで430円、L寸10個パック460円と高くせざるを得ないが、質の高さで人気を集める。

 養鶏場は1960年、先代の父哲夫さん(81)が始めた。父は餌を改良し、崩れないオレンジ色の黄身や厚い白身の卵を生み出し、移動販売に乗り出した。6、7台のトラックで神戸や姫路、阪神間の住宅街へ。乱高下する鶏卵相場で、不安定になりがちな経営から脱却するためだった。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。