ひょうご経済プラスTOP 連載一覧 地産地消くらぶTOP <59>宝塚はちみつ 明利忠昭さん(73) 宝塚市

地産地消くらぶ

<59>宝塚はちみつ 明利忠昭さん(73) 宝塚市

2019.06.18
  • 印刷
蜜の詰まった巣枠を手にする明利忠昭さん=兵庫県内

蜜の詰まった巣枠を手にする明利忠昭さん=兵庫県内

 兵庫県宝塚市の市街地から北東へ10キロ余り。緑に囲まれた養蜂場には100を超える巣箱が整然と並び、約700万匹のミツバチが慌ただしく飛び交う。

 3月下旬のヤマザクラを手始めに、レンゲやアカシア、クリ、7月のリョウブまで多様な花々の蜜を採集する。巣の蜜を搾るだけで何も加えない天然蜂蜜に特化。「フローラ宝塚」(500グラム、2500円)「メイフラワー」(同)などの商品名で販売する。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。