ひょうご経済プラスTOP 連載一覧 地産地消くらぶTOP <63>みつばグループ代表 安藤松子さん(74)多可町

地産地消くらぶ

<63>みつばグループ代表 安藤松子さん(74)多可町

2019.09.10
  • 印刷
人気商品「とりめしの具」などを手にするみつばグループ代表の安藤松子さん=兵庫県多可町加美区寺内

人気商品「とりめしの具」などを手にするみつばグループ代表の安藤松子さん=兵庫県多可町加美区寺内

 地元特産ブランド鶏「播州百日どり」を使ったまぜご飯のもと「とりめしの具」(3合用240グラム=864円)を売り出したのは23年前。その後も関連新商品を作り、生産者を支える。

 きっかけは1995年、兵庫県加美町(現多可町加美区)が特産品づくりを目指して開いた市民講座だった。主婦仲間3人で、集落の祭りなどで食べてきた鶏のまぜご飯の商品化を提案。講師に「絶対売れる」と太鼓判を押された。1年かけてレシピから包装、真空パック化などを準備した。「みつばグループ」を立ち上げ、翌96年には同町内初の道の駅オープンと同時に発売。今も地元の特産品として人気を集める。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。