ひょうご経済プラスTOP 連載一覧 地産地消くらぶTOP <74>麺工房梵天社長 辻田誠さん(58)川西市

地産地消くらぶ

<74>麺工房梵天社長 辻田誠さん(58)川西市

2020.05.12
  • 印刷
地元の野菜たっぷりの冷凍カレーを手にする辻田誠さん(右)と営業を担当する長男の貴大さん=川西市西多田、麺工房梵天

地元の野菜たっぷりの冷凍カレーを手にする辻田誠さん(右)と営業を担当する長男の貴大さん=川西市西多田、麺工房梵天

 地元の野菜をたっぷり入れた冷凍真空パックのカレーを次々に開発し、JA兵庫六甲の直売所で販売している。トマト、ピーマン、カボチャの3種。メインの野菜が全重量の40~50%。素材の味が口いっぱいに広がる。「農家が丹精した野菜の力を出し切り、とんがったカレーにできた」と笑みを浮かべる。

 「作った料理をその場で評価してもらえるのが魅力」と、服飾販売会社経営から飲食業に転じた。大阪のカレーうどん店で1年間修業し、今の地でフランチャイズ店を開いた。2012年、「自分の味で勝負したい」と独立した。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。