ひょうご経済プラスTOP 連載一覧 地産地消くらぶTOP <83>ヒロちゃん栗園 山本浩子さん(56)丹波市

地産地消くらぶ

<83>ヒロちゃん栗園 山本浩子さん(56)丹波市

2020.10.13
  • 印刷
大きく実った栗の魅力を語る山本浩子さん=丹波市氷上町油利、ヒロちゃん栗園

大きく実った栗の魅力を語る山本浩子さん=丹波市氷上町油利、ヒロちゃん栗園

 平安時代の文献に登場し、大名たちが江戸幕府に献上したと伝わる「丹波栗」。兵庫県丹波市内2カ所の計70アールで約180本を栽培し、9月上旬から収穫を始めた。イガを取り除き、重さで選別した後、直売所の大きな冷蔵庫で保管する。数週間すると甘みが増し、食感も滑らかになるという。

 「冷やすとおいしくなることは丹波でも知られていなかった。旬の味だけじゃなく、熟成させた魅力も広めたい」と力を込める。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。