ひょうご経済プラスTOP 連載一覧 地産地消くらぶTOP <85>なかで農場合同会社業務執行役員 中出靖大さん(41)丹波市

地産地消くらぶ

<85>なかで農場合同会社業務執行役員 中出靖大さん(41)丹波市

2020.12.08
  • 印刷
丹波大納言小豆の農場で「赤鬼飯」を手にする中出靖大さん=丹波市春日町古河

丹波大納言小豆の農場で「赤鬼飯」を手にする中出靖大さん=丹波市春日町古河

 江戸期から続く農家の12代目。大学卒業後、JA丹波ひかみを経て、2012年に父の下で就農した。「好採算の特産品をアピールしたい」。父が手掛けてきた水稲に加え、地元兵庫県丹波市春日町発祥とされる丹波大納言小豆を作り始めた。

 薄皮で舌触りが良く、粒が大きい。煮崩れせず、朝廷の官位「大納言」にふさわしい品として献上された。京都をはじめ全国の和菓子店で重宝され、価格は北海道産の3倍超の高級品だ。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。