ひょうご経済プラスTOP 連載一覧 MyアイテムTOP (30)ペンとスケッチブック フェリシモしあわせ生活プログラムグループ企画開発チーム・山根雄作さん

Myアイテム

(30)ペンとスケッチブック フェリシモしあわせ生活プログラムグループ企画開発チーム・山根雄作さん

2017.02.22
  • 印刷
商品やサービスの着想を黒のボールペンで描き上げる。マスキングテープで囲むのは、線を強調するため。打ち合わせ中でも「5分ください」と筆を走らせる=神戸市中央区浪花町

商品やサービスの着想を黒のボールペンで描き上げる。マスキングテープで囲むのは、線を強調するため。打ち合わせ中でも「5分ください」と筆を走らせる=神戸市中央区浪花町

■絵本のように着想描く

 入社3年目ごろ、友人宅で風呂上がりにペットボトルのお茶をごくっと飲んだら、何枚も並んだ部屋干しのTシャツが手をつないで揺れているように見えたんです。そのイメージをささっと描き留めておきました。その絵がきっかけで洋服をあしらったボトルカバーを発売し、870種類のシリーズに育ちました。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。