ひょうご経済プラスTOP 連載一覧 MyアイテムTOP (82)関数電卓 東亜バルブエンジニアリング 技術部原子力弁課・増野裕馬さん

Myアイテム

(82)関数電卓 東亜バルブエンジニアリング 技術部原子力弁課・増野裕馬さん

2018.10.17
  • 印刷
弁の強度計算に欠かせない関数電卓。10年間使い続けている「相棒」だ=尼崎市西立花町5

弁の強度計算に欠かせない関数電卓。10年間使い続けている「相棒」だ=尼崎市西立花町5

 原子力発電所に使われるバルブ(弁)の設計を担当しています。配管を流れる高温高圧の蒸気などを制御する重要な機器です。東日本大震災以降、原発の安全基準も厳しくなりました。

 弁の強度を確保するためには多様な計算が必要です。数式も複雑で、一度始めるとA4判1枚から、多い場合はA3判で10枚以上に及ぶこともあります。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。