ひょうご経済プラスTOP 連載一覧 MyアイテムTOP (61)ペナルティー板 木村牧場代表・木村喜孝さん

Myアイテム

(61)ペナルティー板 木村牧場代表・木村喜孝さん

2017.12.06
  • 印刷
牛が行う悪さの程度や性格に応じてねじくぎの本数や硬さを変え、手作りするペナルティー板。牛に刺さらないよう、先端は丸めている=篠山市大熊

牛が行う悪さの程度や性格に応じてねじくぎの本数や硬さを変え、手作りするペナルティー板。牛に刺さらないよう、先端は丸めている=篠山市大熊

 牛の世界にも「いじめ」があるんです。弱い牛に頭突きをしたり、餌場を占領して他の牛に食べさせなかったり。いじめをやめさせるために作った道具が「ペナルティー板」です。

 ねじくぎを貫通させた木の板。弱い者いじめをする「悪い牛」のおでこにねじの先を向けくくりつける。悪い牛が弱い牛に頭突きをすると、飛び出たねじくぎの先端が自分のおでこに当たって痛い、という仕組み。こうすると悪い牛は「相手にやられた」と思い、次第にいじめなくなります。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。