ひょうご経済プラスTOP 連載一覧 MyアイテムTOP (75)ぶんじ 神戸酒心館醸造課・義積一彦さん

Myアイテム

(75)ぶんじ 神戸酒心館醸造課・義積一彦さん

2018.06.06
  • 印刷
蒸した酒米の山にこうじ菌を振りかけて混ぜる際、適量に切り分ける「ぶんじ」=神戸市東灘区御影塚町1、神戸酒心館

蒸した酒米の山にこうじ菌を振りかけて混ぜる際、適量に切り分ける「ぶんじ」=神戸市東灘区御影塚町1、神戸酒心館

 長さ78センチ、幅22センチ。カシの木でできていて、形はスコップのようとでもいいましょうか。おいしい酒造りの鍵を握る「こうじ」を作るのに欠かせない道具で、30年はこの1本を使い続けています。

 こうじ室で蒸し米にこうじ菌を振りかけ、6時間寝かせた後に一度ほぐす際、米の山にグググと体重をかけて押し入れ、一定量ずつに切り分けます。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。