ひょうご経済プラスTOP 連載一覧 地エネ新エネやってますTOP こうべWエコ発電 岡野内晃代さん(40)神戸市

地エネ新エネやってます

こうべWエコ発電 岡野内晃代さん(40)神戸市
下水資源を有効活用

2015.06.23
  • 印刷
こうべWエコ発電設備を説明する岡野内晃代さん。ガスの発生量に応じて14台の発電装置を稼働させる=神戸市垂水区平磯1

こうべWエコ発電設備を説明する岡野内晃代さん。ガスの発生量に応じて14台の発電装置を稼働させる=神戸市垂水区平磯1

 神戸市の垂水処理場は1日に14万立方メートル、約31万人分の下水を処理します。下水からは石や砂、次にトイレットペーパーや野菜くずなどを取り除き、さらに微生物に汚れを食べてもらいます。きれいになった水は消毒して海に流します。

 最後に残った汚泥は巨大な卵形の消化タンクに入り、有機物がガスと水に分解されます。このガスにはメタンガスが60%含まれていて、消化タンクを温めるボイラーなどに使っていましたが、余っている状態でした。