ひょうご経済プラスTOP 連載一覧 地エネ新エネやってますTOP 木の駅プロジェクト 一宮祐輔さん(27)丹波市

地エネ新エネやってます

木の駅プロジェクト 一宮祐輔さん(27)丹波市
薪循環で森は地域の宝

2015.06.30
  • 印刷
「家庭や農家など小規模な利用を広げるには薪が一番」と話す一宮祐輔さん=丹波市内

「家庭や農家など小規模な利用を広げるには薪が一番」と話す一宮祐輔さん=丹波市内

 NPO法人丹波グリーンパートナー(丹波市)は、木質バイオマス、太陽光発電、太陽熱利用に重点を置く丹波市の「新エネルギービジョン」の実践を市民と進める組織です。

 このうち木質バイオマスは、森の手入れから木の利用まで、関わる人や全体の仕組みづくりが必要です。そのためのきっかけとなる「木の駅プロジェクト」をスタートさせるのが最初の仕事です。