ひょうご経済プラスTOP 連載一覧 地エネ新エネやってますTOP シイタケ原木の暖房活用 中西郁さん(60)三田市

地エネ新エネやってます

シイタケ原木の暖房活用 中西郁さん(60)三田市
灰も田んぼで循環活用

2016.02.23
  • 印刷
多い日には150本の廃原木を燃料に使う暖房施設と中西郁さん=三田市上相野

多い日には150本の廃原木を燃料に使う暖房施設と中西郁さん=三田市上相野

 観光シイタケ園「しい茸(たけ)ランドかさや」が開園したのは1976年。以前はマツタケ狩りや観光クリ園をやっていましたが、マツタケが減ったこともあり、一年中できる観光農園して原木シイタケを選びました。

 コナラやクヌギなどの広葉樹の原木に菌を植えて1年ぐらいすると、シイタケが生えてきます。年間を通して生産するには、原木を保管する施設の温度が下がりすぎないよう、加温する必要があります。