ひょうご経済プラスTOP 連載一覧 地エネ新エネやってますTOP 薪とストーブ普及 長谷川幸仁さん(57)小野市

地エネ新エネやってます

薪とストーブ普及 長谷川幸仁さん(57)小野市
ランニングコスト抑制

2016.04.12
  • 印刷
「二酸化炭素削減のためにも、木を切って森を若返らせることが大事」と話す長谷川さん=小野市復井町

「二酸化炭素削減のためにも、木を切って森を若返らせることが大事」と話す長谷川さん=小野市復井町

 ハリマ興産(小野市)が薪(まき)ストーブの販売を始めたのは20年以上前。当時は兵庫県でほかの販売店はまだ1軒だったと思いますが、最近はあちこちで店舗や積んだ薪を見かけますね。

 現在はストーブの購入者を対象に、200人以上に薪も販売しています。神戸、西宮や大阪、岡山のお客さんもあります。