ひょうご経済プラスTOP 連載一覧 地エネ新エネやってますTOP 太陽光発電で水やり 小西康之さん(62)豊岡市

地エネ新エネやってます

太陽光発電で水やり 小西康之さん(62)豊岡市
植物が必要な時に供給

2017.05.30
  • 印刷
1枚の太陽光発電パネルの電気でピーマン畑に水をやる装置を使っている小西康之さん=豊岡市但東町

1枚の太陽光発電パネルの電気でピーマン畑に水をやる装置を使っている小西康之さん=豊岡市但東町

 太陽光発電を使って水をやる自動かん水装置で但馬特産のピーマンを栽培しています。太陽光発電がいいのは、日が照って植物が水を求める時に、日照に連動して必要な分だけ水をあげられる。とても自然とマッチしたシステムだと思います。

 晴れた日は、畑のそばに置いたソーラーパネルの電気でポンプが水路の水を1・5メートルほど高い所にあるタンクにくみ上げてためていきます。この85ワットの小さなパネルの電気でも水を2メートル飛ばす力があります。