ひょうご経済プラスTOP 連載一覧 地エネ新エネやってますTOP ソバや日本酒の保存も 今井悟さん(62)豊岡市

地エネ新エネやってます

ソバや日本酒の保存も 今井悟さん(62)豊岡市

2017.07.25
  • 印刷
雪室の雪と今井悟さん。右上に並ぶ通気用の管でつながった隣のコンテナでは1~2度の低温で野菜などが冷蔵されている=豊岡市日高町

雪室の雪と今井悟さん。右上に並ぶ通気用の管でつながった隣のコンテナでは1~2度の低温で野菜などが冷蔵されている=豊岡市日高町

 豊岡市中筋地区は野菜作りが盛んな地域です。「未来の種」は学校給食への野菜供給などを目的に住民で立ち上げた株式会社で、ジャガイモやタマネギを栽培して雪を生かした雪室に貯蔵しています。

 きっかけは学校給食で地元産利用が少ないと知ったことでした。栽培は難しくありませんが、問題は貯蔵コスト。冷蔵施設がある自治体に聞いて年間の電気代が150万円もかかると知り、ほかの方法を考えていた時、雪を使うアイデアが持ち上がりました。