ひょうご経済プラスTOP 連載一覧 明日を拓く 震災と停滞の先に 第4部 尼崎信用金庫会長 橋本博之さん

連載

  • 第4部 尼崎信用金庫会長 橋本博之さん

     「中小企業と信用金庫は運命共同体。どんな苦境のときでも応援せないかん」。預金量2兆4千億円の巨大信用金庫、尼崎信用金庫(尼崎市)を率いる会長、橋本博之さん(73)の信念だ。産業と金融は表裏一体。金融は産業の血液である資金を円滑に供給する役割を担う。1995年の阪神・淡路大震災後の金融危機は、信用金庫などの地域金融機関をひときわ激しく揺さぶった。15年間務めた理事長を後進に譲ったのを機に、激動の日々を振り返ってもらった。(佐伯竜一)