ひょうご経済プラスTOP 連載一覧 明日を拓く 震災と停滞の先に 第4部 尼崎信用金庫会長 橋本博之さん (5)タイガース定期 危機感が紡ぐアイデア ペイオフ後の預金減補う

第4部 尼崎信用金庫会長 橋本博之さん

(5)タイガース定期 危機感が紡ぐアイデア ペイオフ後の預金減補う

2014.11.02
  • 印刷
阪神の成績と連動する預金商品を発売した当時の尼崎信用金庫浜甲子園支店=1999年、西宮市(提供)

阪神の成績と連動する預金商品を発売した当時の尼崎信用金庫浜甲子園支店=1999年、西宮市(提供)

 尼崎信用金庫(尼崎市)の看板と言えば、1999年発売の「タイガース定期」。プロ野球・阪神の成績に応じて優遇される預金で、自らも幼い頃からの熱心なファンである会長橋本博之さん(73)が発案した。今年はチームが日本シリーズに進出し、例年以上の注目を集めた。「地域を盛り上げてこそ信用金庫」。引き続きエールを送る。

 -日本シリーズで優勝できなかったが、今シーズンは健闘した。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。