ひょうご経済プラスTOP 連載一覧 明日を拓く 震災と停滞の先に 第4部 尼崎信用金庫会長 橋本博之さん (3)使命 地域に溶け込み歩む

第4部 尼崎信用金庫会長 橋本博之さん

(3)使命 地域に溶け込み歩む
支持の鍵は「住民目線」

2014.10.30
  • 印刷
若き日の橋本博之さん。信金マンとしてファンを増やした一方、休日は家族との時間を大切にした=1973年、尼崎・武庫之荘

若き日の橋本博之さん。信金マンとしてファンを増やした一方、休日は家族との時間を大切にした=1973年、尼崎・武庫之荘

 信用金庫は営利を目的としない金融機関だ。株式会社であるメガバンクや地方銀行とは一線を画する。地域で集めた資金を中小企業と個人に還元し、地域の発展に寄与する-というのが存在意義だ。「地域に飛び込み、溶け込んでこそ信金マン」。尼崎信用金庫(尼崎市)会長、橋本博之さん(73)の信条は、駆け出し時代に培われた。

 -1966(昭和41)年に大学卒業後、なぜ尼崎信金に?

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。