ひょうご経済プラスTOP 連載一覧 ガンバル!中小企業TOP 3億投じ勝負の新工場 半導体部品の六甲電子

ガンバル!中小企業

3億投じ勝負の新工場 半導体部品の六甲電子

2017.04.15
  • 印刷
六甲電子が3月に稼働した新工場。「半導体業界は特有の好不況の波があり、投資のタイミングが鍵となる」と話す小林秀守社長=西宮市中島町

六甲電子が3月に稼働した新工場。「半導体業界は特有の好不況の波があり、投資のタイミングが鍵となる」と話す小林秀守社長=西宮市中島町

 半導体の部品で「ウエハー」と呼ばれる基板の表面加工を手掛ける六甲電子(西宮市)が、本社の隣接地に新工場を建設した。自動車や携帯電話向けの受注拡大を背景に、従来のシリコンウエハーだけでなく、新たな素材を使ったウエハーの加工事業を開始。電気自動車の普及やスマートフォンの高機能化などに伴う今後の市場拡大に備える。投資額は3億円。小林秀守社長は「これまでと同じことをしていては成長は難しい。勝負に出る」と話す。(井垣和子)